AWS CloudFrontとGCP Cloud CDNの料金を比較する

AWSが提供しているCDNサービス「CloudFront」と
GCPが提供している同じくCDNサービスの「Cloud CDN」
どちらのほうが料金が安いのか比較してみます。

ちなみに結論からいうと、「Cloud CDN」のほうが安いです。

データ転送料金

まずはデータ転送料金から比較します。
前提としては以下のようにします。

  • リージョン
    • 東京
  • キャッシュサイズ
    • 1,000GB

1GBあたりの料金

CloudFront(AWS) Cloud CDN(GCP)
CDN to InterNet $0.140 $0.09
Origin to CDN $0.060 $0.06

ひと月あたりの料金

CloudFront(AWS) Cloud CDN(GCP)
CDN to InterNet $140 $90

※キャッシュフィルに関しては除外

リクエスト料金

次にリクエスト料金について比較します。
前提としては以下のようにします。

  • リージョン
    • 東京
  • リクエスト数
    • 1,000,000回

10,000回あたりの料金

CloudFront(AWS) Cloud CDN(GCP)
$0.009 $0.0075

ひと月あたりの料金

CloudFront(AWS) Cloud CDN(GCP)
$0.9 $0.75

Invalidation(キャッシュ無効化)

CDNなので、当然キャッシュの無効化はしたくなるわけですが、
こちらも料金が設定されているので見てみましょう。

1回あたり

CloudFront(AWS) Cloud CDN(GCP)
$0.005 $0.005

はい、同じ料金なのですが、AWSのほうは

月間で無効をリクエストしたパスの最初の 1,000 パスまでは追加料金なし。 それ以降は、無効をリクエストしたパスごとに 0.005 USD かかります。 https://aws.amazon.com/jp/cloudfront/pricing/

となっています。こちらに関してはAWSのほうがアドバンテージがありそうです。

最後に

今回調査した理由としては、このブログをAWSからGCPに移す際に
どれくらい費用が変わるかなと気になったので調べました。

うちのブログの現在のアーキテクチャ
https://blog.haramishio.xyz/post/000005/

ぶっちゃけ個人ブログユースで考えた場合、誤差の範囲でしかないなという印象なんですが
ビジネスとして考えるとCloud CDNに軍配が上がるかなという感想です。

では!